また言い始めた「財源足りないから増税」

自営業者の日常雑記

やっぱり来た。
「このままでは財源が足りないから
消費税増税を検討
あり得ない。

巨額の使途不明金が闇に消えた件は、
いつのまにか無かった事に。

大量に買って余ったワクチンを、
どれだけ廃棄したか。
これから先、どの製薬会社とどういう契約で
どれだけ買い続けるかというのは、
決して大きく報道されない。
なのでほとんどの人が知らない。

これから先いくらでも
足りなくなった➡増税
をやっていくというのに、
何に使われるかはいつも知らされない。
生活に直接関係してくる大事な事は、
決して国民には知らされないというのは
今に始まった事ではないけど。

ワクチン接種希望者は激減、
今すでに大量に余っている。
にもかかわらずこれからも買い続ける。
全て税金で。
その他税金の使い方に関して、
見直すつもりは1ミリも無いらしい。

ワクチンを打つ打たないは任意のはず。
なのに今も、税金を湯水のように使って、
打ちましょうキャンペーンを続けている。
これも全部税金。

接種率が「伸び悩んでいる」
接種率の「低さが問題」
接種率を「どうやって上げるかが課題」
本当に任意だと思ってたら
この言葉は出てこない。
何とかして打たせたいという本音が
ここから伝わってくる。

打ちたい人が減っているということは
需要が無いという事。

物を作ってる会社で言えば
「この商品は需要がない。売れない」
というのにあたる状況。
売れないと分かっていながら
それでも変わらず買い続けていれば、
在庫を処分するしかなく廃棄。
それが続いたら当然会社は潰れる。

国でこれと同様の事をやって潰れないのは、
資金が足りなくなれば無限に引きだせる
税金という財源があるから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました