浅田次郎 アイム.ファイン! 内容と感想

読んで良かったおすすめ本

浅田次郎は小説は以前から大好きで
長編もシリーズ物も沢山読んだ。
エッセイでは、自衛隊時代のエピソード、
小説家になるまでのエピソードを書かれた物を
読んだことがあって全部面白かった。

なのでこの本も期待して買ったけど、
期待を裏切らない面白さだった。
この本の中には、長編小説の舞台となった場所へ
旅行に行ったエピソードも色々と書かれている。
それを読みながら、
以前読んだ長編をまたもう一度読んでみたくなった。
読んだらまたブログに書いてみたい。

この本は薄いのだけれど、色んな要素が詰まっている。
中国の話題。
ラスベガスの話題。
仕事で行った国内の温泉の話題。
食べ物の話題。
仕事関連での体験の話題。
その他日常の事色々。

その場の情景が目にかぶような
知らない土地や異国の話題は、
出不精の私にはとてもありがたい。

仕事や日常の事を、どうしたらここまで
面白く描けるのだろう。
本を置いて10回は大爆笑した。

感想を一言で言うと、とにかく1冊で色々楽しめる本。

アイム・ファイン! (小学館文庫 あ 18-2)

コメント

タイトルとURLをコピーしました