願望実現、引き寄せがうまくいかない3つの原因 ②

自営業者の日常雑記

うまくいかない原因の2つ目。

強く念じていればきっと叶う
紙に書いていれば叶う
願いを声に出して呟いていれば叶う
思い浮かべていれば叶う

そういう感じで引き寄せを捉えていると、
なかなかうまくいかない。

願っていればある日突然それがやってくる
というわけではないから。

例えば絵を描くのが好きで、
自分の絵を売って生活したいと思っている
人がいた場合。
家で毎日絵を描きながら
「こうなったらいいなあ」と空想していても
紙に書いていても
ある日突然誰かが現れて
「あなたの絵を買いたいのですが」とか
言ってくる事はない。

目的を果たすまでの行動が必要。
結果を思い描いたら、
それが心からの願いだった場合
何かしら行動するイメージが湧いてくるはず。

その直感に従って行動してみる。

引き寄せがうまくいったという人の話を聞くと、
何かイメージしていただけで
突然うまくいったように見えたりする。
なので自分もそれをやろうと思うかもしれない。
でも大抵、
上手くいっている人はそれより前に色々と行動している。

行動した結果土台が出来ているから、
あと一歩のところで強く思ったらチャンスが
来たという事がほとんど。
そして、チャンスが来たら逃さず行動。
だから望んだことが手に入る。

普段から行動力のある人は、
欲しい物や状況に対して常にアンテナを立てていて
直感が下りてきたらすぐ行動する。
何度か失敗してもそれは想定内。
思考錯誤しても最後には手にれる。

それが習慣なので本人は
特に行動力を発揮して頑張っているという感覚はなく、
それが普通という感じ。

空想や夢想は出来るし紙に書いたりしてるけど
行動したいという気持ちが一向に湧いてこない時は、
その願いが本当に欲しいものではないかもしれない

もしくは「こういう行動をすればいいかも?」
という閃きが来ていても、
行動するのが怖くてそれを無視しているかもしれない。
失敗したらどうしようというところがブレーキになっている。

その場合は自分の今の気持ちに向き合って、
小さい事からでも
どうやったら行動に移せるか考えてみる。

もう一つの可能性は、
願いが叶う時というのは何か劇的な出来事が起きて、
それで叶うんだというイメージが自分の中で強い
場合。

小さな行動をする思いつき、閃きを得ても
「こんなしょぼい事じゃないはず」と思ってしまう。
自分の夢に比べてしょぼすぎる行動をしても
きっと変わらないから、すごい事がやってくるまで待とう
と考えてしまう場合。

小さい事を馬鹿にせず、スルーせず、
楽しんで積み重ねていくと、ある時飛躍することもあるし
緩やかな変化の中で気がついたら望むものを手に入れていた
という事もある。

閃きが来たら行動し、それが一度でうまくいかなくても
失敗さえも経験と思って楽しみながらまたチャレンジし
淡々と続ける。

やる事はとてもシンプル。

空想や夢想だけでなく、閃きに従って行動に移す事と
一度で劇的な変化ばかりを期待しない事で、
いい流れは必ずやってくる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました