スポンサーリンク
小説 最果ての地にて愛をつなぐ

最果ての地にて愛をつなぐ ③

回想 2019年冬仕事を変えて数日で、梢は今度の仕事場は自分に合っていると感じた。その感覚は、数ヶ月経っても変わらなかった。このカフェは、梢の両親より少し年上の60代の夫婦の経営。29歳になる娘さんもスタッフとしてここを手伝ってい...
小説 最果ての地にて愛をつなぐ

最果ての地にて愛をつなぐ ②

回想 2019年春2019年、梢は地元和歌山の高校を卒業した。高校を卒業したら都会に出て働いてみたい。一人暮らしも始めたい。それはずっと前からの夢だった。家族は、両親と三歳年下の高校生の妹。家族の事も田舎での暮らしも嫌いではなかったけれど...
自営業者の日常雑記

小説 最果ての地にて愛をつなぐ①

コロナ騒動がきっかけでで仕事を辞めた、若い女性が主人公の架空の物語。今の世の中の状況に疑問を持ちながら、堂々と言えるほどの勇気はない。このまま流されたら何処に行くのだろうという不安。けれど流されたくないという気持ち。その状況から、自分の感...
自営業者の日常雑記

戦わない ゆるく楽しく生きよう

以前は、 お金になる仕事の予定を真っ先に入れて 時間が空いたら好きな事をしていた。 今は、一番やりたい事の予定を真っ先に入れて 空いた時間に他のことをする 。これに変えてから、何故かお金に困らないし常に体調がいい 。会いたい人しか目の前に...
キングダムアニメ考察 内容と感想

キングダムアニメ第5話 あらすじネタバレ感想

4話の最後は、難攻不落の城であるはずの函谷館に、ついに橋がかかったという場面。ここで使われた井闌車は、魏軍総大将呉鳳明が、対函国館のために特別に設計したものだった。橋がかかったことで敵軍に城壁に登られ、これからどうなるのかというと...
自営業者の日常雑記

孤独を感じるという人が多いけれど

占いのご相談内容としてもよくあるのが、「孤独を感じる」ということ。親兄弟姉妹、親戚縁者とうまくいっていない。仲のいい友達がいない。パートナーができない。職場や学校の人間関係がうまくいかない。コロナ騒動以降は、その事に関して意見が合わなくて...
読んで良かったおすすめ本

【祭りの夜空にテンバリ上げて】内容と感想

主人公の渚は20代の女性。両親は離婚していて、今は母親の実家で暮らしている。渚の父親はタコ焼きの屋台をやっているテキヤで、この事が渚にはずっとコンプレックスだった。子供の頃から家業を手伝っていて、そのせいで同世代の女の子達のように遊びにも...
自営業者の日常雑記

対立と分断を狙っている彼らの、思いどおりに動いてはいけない

「自分は今の世の中に対して疑問を持っていても、周りの人は分かってくれない」というお悩みは多い。お客様からのご相談でもよくあるし、Twitterのタイムラインでもよく見かける。常にマスク着用、消毒、自粛など感染対策を万全にするかそんなものは...
読んで良かったおすすめ本

【桜大の不思議の森】内容と感想

桜大(おうた)というのが、この物語の主人公の名前。桜大は中学生の少年。都会から遠く離れた、黒沼村で暮らしている。祖父母と両親、弟、学校の友達、よその地域からこの村に来ていつしか住み着いているセンセイと呼ばれる男性、そのセンセイの友達。ここ...
読んで良かったおすすめ本

【放課後ひとり同盟】 内容と感想

この本は短編集で5つの物語が収録されている。それぞれの物語の主人公は高校生、大学生、中学生など若い世代。恋愛や友情、家族の事、学校での事など様々な事に悩む彼らと、彼らを取り巻く大人達や子供達。何章目から読んでも、それぞれ単独で完結している...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました