キングダムアニメ第3シリーズ13話あらすじ感想

キングダム汗明 キングダムアニメ考察 内容と感想

前回12話の最後は、
死んだと思われていた録嗚未と干央が
生きていたというところだった。
媧燐軍の背後から襲いかかるところで
12話が終わっている。
この2人大好きなので、
これだけでテンションが上がった(^O^☆♪

ここから13話。
媧燐はこれに対し慌てる様子もなく、
次の策はもう頭の中で出来上がっている様子。
「もっと面白い所へ行く」と言って向かう先は、
蒙武軍のところか・・・。

これに気がついた蒙恬は、
誰かは媧燐を追わなければと考える。
王賁は同じ考えで、すでに媧燐を追っていた。

媧燐は急ぐでもなく、ゆっくりと軍を進めていく。
何か考えがあるように見える。
楚の白麗が気が付いたように、媧燐の精鋭部隊は一万。
けれどこの時進軍しているのは五千だった。

あとの五千はいったいどこに消えたのか。
ここにも媧燐の重要な策が隠されているのかもしれない。

一方蒙武軍の状況は、
最後に残った五千で敵陣へ突撃した。

最初の斜陣がけから始まって、
この作戦の全てを考えたのは
秦国の軍総司令である昌平君だった。

「俺が小手先の策を嫌う事は知っているだろう」
と言う蒙武に対して、
今回ばかりは策が必要だと言う昌平君。
相手はそれほどの敵であり、
楚出身の自分が言うのだから間違いないと語る。

蒙武はその進言を聞き入れ、
言われた通りに戦いを進めてきた。

この策の目的は、一番後ろに控えている汗明を
誘い出すものだった。
しかし策に出来るのはここまでで、
最後は武力頼みになる。
全軍を使い切るこの作戦に失敗は許されない。

汗明は、過去に秦国六大将軍の一人を
破ったほどの実力の持ち主だった。
蒙武も相当に強いが、
今まで積み上げてきた戦歴では汗明に遠く及ばない。

キングダム蒙武

武器を持ち替えて蒙武に相対する汗明。
最初のニ振りでは、蒙武の方が完全に打ち負けた感じだった。
しかしそこから蒙武も盛り返し、汗明と激しく打ち合う。
汗明とここまで渡り合う人間がいるというのは、
楚軍側からしても驚くことだった様子。

それでも今回の13話の最後、もしかして蒙武が
負けてしまったのかという状況で終わる。
原作を知っている人は、この先の展開もわかっていると
思うけど。本当にヒヤヒヤする場面。

今回、あの汗明音頭が生で聴けた。
こういう所が、アニメの映像ならではの面白さ。
二人の戦いの迫力も、映像から十分伝わってきた。

キングダム汗明
キングダム カリン
タイトルとURLをコピーしました