世の中がどんどん異様になっていく 慣らされる前にそっと離れる

自営業者の日常雑記

マスク着用を歓迎する人の思考

1年前なら考えられなかった状況。
今はそれが普通になっている。

自然にこうなったのでなく、
支配層側からすれば計画通り。

でも何も疑わず、
頑張っていればコロナがそのうち終息する
と思っている人は相変わらず多い。

それよりももう今の状況に慣れてしまって、
これが普通という感覚
になっている人も多い。



マスク着用が当たり前になって、
その方が楽だと言う人もけっこういる。

表情を見られなくて済むから 楽。

不機嫌な時は堂々と不機嫌な顔でいられる。

楽しくもない時愛想笑いしなくてもいいから楽。

でもこれってどうなんだと思う。

「だからマスクが普通になっていい世の中になった」

じゃなくて 、それだけ我慢して生きてるのが
普通という所に 問題がある。
マスクで表情を隠すことで解決なんかしてない。



銀行のATMの待っている人の列。
わざとらしくテープを貼って立つ位置を離し、
ソーシャルディスタンスを強調 。
並び終わって使う時は隣とすぐ近く。

何の意味が?

スーパーでもその他のお店でも
これは見られる。
感染対策やってますアピールが大事らしい 。

そうしないと営業しにくい雰囲気を
世の中全体で作り出してる。


周りを見て他人の顔色をうかがい、
何か言われるのを恐れる。

本当にそれが必要かなどもはやどうでもよくて、
人から悪く思われないようにだけ
気を付けて仕事をし、日常を暮らす。


皆やってるから」で動く人が減らない限り
これは変わらない。

思いやりって何?

人を思いやる気持ちがある人が
きちんとマスクを着用してるんです」
と言う人は多い。
反面、今の世の中で起きてる倒産失業自殺に関しては
全く無関心で他人事。
「そうなるのは自分が悪いんでしょ」
で片付ける。
そういう人を見ると何ともいえない気持ちになる 。

どう考えようと自由だけど。
思いやりってなんだろうと・・・

マスク着用がどれだけ人のためになるか
科学的根拠がない事などどうでもよくて、
マスクを着用している事で
思いやりのある人」と見られることが
最重要になってないかと思ってしまう。

メディアが流している
「自分のためだけでなく大切な人を守るために」

という、あれをそのまま信じている。
そうとしか見えてこない。

我慢は美徳?

日本では「我慢強い」というのが
究極の褒め言葉みたいに言われてる。
けれど これが特に言われ出したのは戦後から。

「欲しがりません勝つまでは」
戦時中に言われていたこの言葉からも
見えてくるけれど。
支配者層の向かわせようと意図した方向に
大多数の人が流された。

戦後は、我慢強く長い時間働き
同じことを延々とやっていられる人間を、

量産するシステムの中で育った。

去年夏、真夏の炎天下でのマスク着用。
あれだけ頑張れるのも確かに
すごい我慢強さだけど ・・・
熱中症で倒れる人、
中には亡くなる人もいたのに
(コロナの死者よりはるかに多くいたのに)
命を懸けても決まりを守る事がそんなに大事?

この記事の中でさっきも書いた
「自分のためだけでなく大切な人を守るために」
あれがきいているのか・・・

我慢したことによって次に何が来るか?
我慢の次にはもっと大きな我慢しか来ない。
これは今までの支配者層のやり方を観れば
明らかにわかっている事。

こんなのはもう
「その試練を乗り越える更なる我慢に挑戦したい」
と 燃えられる人だけで好きにやってほしい。
こっちはまっぴらごめんと言いたい。

「辛い事も我慢して耐えていれば必ず
その先にはいい事がある」

「嫌な事でも頑張って努力して克服すれば
必ず人生でプラスになる」

当たり前のようによく言われてるけど 、
これをまともに信じてたら多分卑屈になるだけ。

好きな事を一生懸命やるならいいけど、
最初から嫌な事を一生懸命やっても辛いだけ。
辛いから出来るようにならない。

出来ないと周りから責められて卑屈になる。

今の世の中の流れ

国全体でどんどん決まり事が増えていく 。

それを守らせるために罰則をつけてくる 。

これに伴って会社でもそうなっていく 。

補助金を受けている所だと逆らえないから 、
どんどん窮屈になる。
勤めている人はどんどん苦しくなる。

「今苦しいけど会社を辞めたら 生きていけない」
と思ってる人は多い。
でもずっと我慢続けた場合は?
その先にいい事があるのかも考えてみてほしい。

我慢したことによって次に何が来るか?
我慢の次にはもっと大きな我慢しか来ない。

今こうだと思い込んでいる事は、
本当にそうなのか?
ピラミッド型の、仕組まれた世の中での
刷り込みによってそう思っているだけの事も多い。

ワクチン無料で打ってもらえるかもしれない 。
もし副作用が出ても国が補償してくれる
から大丈夫」
この認識の人があまりに多いのも・・・

メディアの報道見てるとそう感じるように
仕向けられているから 。

ワクチン無料なんかじゃない。
もらえるわけじゃない。
買うのは全部、自分達が払った税金だから。 

しかも、もし副作用が出ても国が補償してくれる
というのは、海外の製薬会社からワクチンを買い
普通なら副作用出たらその製薬会社が補償するものを
日本が払わされる
という事だから。

副作用出そうなことが予想されるから払いたがらない。
その事からも安全性はあやしい。
海外の治験での結果も日本では絶対報道されない。

情報も お金も 自分の健康も、
最終的には命も
完全監視管理社会になると どうなるのか
今のうちに考えた方がいい。

細かい所で「個人情報が・・・」 とか
言っている割には
そこは気にしていない人が多い けど。

だから今も黙って従っている。

従う事と完全監視管理社会にに移行する事は
全部繋がっている。

こういう事はTVでは絶対言わないから、
陰謀論だとバカにする人は多い。

でも今の世の中を見て、少しでも
これはおかしいのでは?
これは矛盾ではないか?
と思えるなら。そこから少しずつ
自分で調べてみて欲しい。

気が付いたならそこから離れる選択も出来る。

タイトルとURLをコピーしました