詳しく説明されないまま安心感を与えている「有効性95%」はどういう意味なのか

世の中の仕組みについて

95%の人に効果があるという事も
すでに実証されていますから安心して
接種しましょう」
といった事を、サラリと発言している人を、
YouTubeでもTwitterでもよく見かける。
かなりの影響力があると思われる有名人も何人か。

この「効果」という言葉、
「95%」という数字、

これはいったい何のことで
どこから来るのか。
これだけサラリと言われると、
しかも言っている人が有名人だったりすると
「ワクチンを打てば
コロナに感染する確率がものすごく低くなる。
100人中95人にまで効くという事だから」
と、受け取ってしまう人は多いと思う。

ワクチンを打てばコロナにかからない。
95%という事はパーフェクトに近い。
良かった、もう安心。

こういう思考になる。

仕事柄人と会う機会は多い方なので、
実際そう受け取っている人と
何人会ったかもう数えられなくなった。

そう思わせるようにメディアも誘導している。

【ここからの青文字は分かってる人へのお断わり】
まず、感染とはどういう状態を指すのか
というところで、
公開されている厚生労働省の資料を見ても
一昨年までのインフルエンザワクチンに関する
資料と今回のワクチンでは違う記載になってて
?????という事もある。
検査自体があてにならない。
その前にウィルスの存在も確認されていない。
けどそれをこの記事では一旦無視して
「効果」という言葉、「95%」という数字、
についてのみ書いてみる。

コロナは存在し検査陽性イコール感染者と
信じている人であってもこれは
理解してもらえる内容なので。


効果という事について
厚生労働省、医療機関でも示されている
内容によるとこの効果というものには
3種類ある。
①感染するリスクを減らす
感染予防
②感染しても症状が出るリスクを減らす
発症予防
③症状が出てしまっても重症化する
リスクを下げる「重症化予防

インフルエンザワクチンについての資料では
感染という言葉の後に(ウィルスが体内で増えて
症状が出ること)となっているのに
ここではなぜかウィルスが体内に入ったら感染、
症状が出たら発症となっている。謎。
一昨年まで、感染とはウィルスが体内で増えて
症状が出た状態を指していた。

ウィルスが体の中に入った時点で感染と
呼ぶとしたのは、
検査陽性者イコール「感染者」という理屈に
合わせるためなのかとも思ってしまう。

この3つの中で、
現時点ではっきりしているのは発症予防についての
効果だとされている。
95%の効果というのはこの事。

しかも、有効性95%というのは
例えば100人がワクチンを接種したら
そのうちの95人は感染しないということではない。

何もしないで発症した人の数
ワクチンを接種して発症した人の数
これをを比較して、
ワクチンを受けるとどれぐらい
発症のリスクを減らせるかを調べるという物。

治験で、
プラセボ(生理食塩水など偽薬)を接種、
つまり何もしなかったグループ

ワクチンを接種したグループ

それぞれ1000人だった場合
その結果が、
①グループで100人発症し、
②グループで5人発症したとすると

100対5という事になり
ワクチンを打ったことで発症のリスクを
95%減らせたということになる。

この実験で「95%の人に効くから凄い!!!」
という事ではないのは分かるかと思う。

今まで行われた治験の内容について
書かれている事は・・・

新型コロナの場合は無症状感染者も多く
感染予防の効果を治験で実証するのは難しい
重症化予防については治験の期間中に
重症化した人は偽薬グループで9人
ワクチン接種グループで1人。
ワクチンをうったグループで少ないので
重症化予防もありそうだが結論づけるには
数が少なく・・・

新型コロナのように感染率が低かったり、
感染しても発症しないケースがあったりする

感染症の場合、
ワクチン接種群でもプラセボ接種群でも、
臨床試験の追跡期間中に疾患(コロナ)を
発症する割合が非常に限られる
のが課題。

といった事も書かれている。

そもそも、そんな発症しにくい病気に
対して、なんでこんなに必死になって
ワクチンを開発し、接種をすすめる
必要があるのか。


それでも最後の方に
「インフルエンザワクチンの場合は
発症予防効果は20~60%と言われている
のに対して、コロナのワクチンの発症予防効果の
数字はかなり高いという事がわかる」
と書いてある。
だから「効く」とまでは書いてなくても
そう取れる内容。

海外での治験で副作用が出た事に関して、
もちろん日本では何も報道されない。
国内での治験で副作用が出ても、
大々的に伝えられる事はないと思う。
今公開されている内容は、
重篤な副作用が認められた例は無い。
軽い症状(頭痛、倦怠感)が出た例は
いくつかある、といった事のみ。
何が起きても、
ワクチン接種の副作用が直接の原因で死んだ
とされる事はほとんど無い。
接種後間もなく亡くなっても必ず
「直接の因果関係は認められない」
という事になる。

テレビで誰々さんが言ってたから大丈夫とか
そんな事で決めてしまう前に、よく調べて
考えた方がいい。

 

コメント

  1. kazuhiro shibata より:

    いつも拝読しています。淡々とした文章の流れの中に力強く真実が表現されています。
    権力は今も昔も同じ話法で我々を殺しに来ています。小生は昔から権力の言葉を信じません。
    引き続きの啓蒙文章を楽しみにしております。

    • satsuki satsuki より:

      読んでいただきありがとうございます。
      私も同じで権力者の言葉を信じる事はありません。
      今に始まったことではないですが、コロナ騒動をきっかけにして
      さらに強制力を強めてきていると思います。
      全く気が付いていない人にもすこしでも届きますように
      発信続けます。

タイトルとURLをコピーしました