【他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない】ミナミAアシュタール 15人の「引き寄せ体験」の全記録 感想

読んで良かったおすすめ本

この本の内容は、
カウンセリングにやってきたお客さんとの
実際のやり取りが書かれていて
それだけにリアルでとても役立つ内容。

恋愛、結婚、実家との繋がり、親との関係、
子育て、金運、仕事、健康など
色々な内容について書かれている。

上手くいった事だけでなく、
どんなに伝えようとしても受け取れない方も
いらしたり、頭では理解してもなかなか
思うようにいかない方もいらしたり・・・

読む方は客観的に見て、
上手くいった人の例と比べると見えるものがある。
いったい何が違うのか?
それは能力でも経験の多さでもない。

この本の中でも言われている
思考が現実を作るという事。
一言で言ってしまえば単純に聞こえるけど、
本当に全てはそこに集約される。
読んでいくとそれが確信に変わる。

内容の事に触れるとネタバレになってしまうので
それぞれの体験談について、読んで私が思った事を
書いてみる。

自分の射程圏内に入っていない事は
表面で望んでいても叶えるのは無理。
ものすごく納得。
望んでいるつもりで本当は疑っている。
これに自分で気が付くのは案外難しいのかも。

支配コントロールされる側は
一方的に被害者ではない。
そこから出る意思があれば変わる。
支配コントロールを受けいれてしまっていると
いつまでも変わらない。
受けいれているのも自分。
そこに気づかないと・・・

好きな仕事につもりで会社に入ったのに、
違うなと感じる事もある。
そんな時、我慢は美徳と思って我慢しても
それでは解決にならない。
我慢の先には我慢しかない。
気が付いたら行動してみよう。

パートナーとのセックスについて。
「そういう事を語るのは良くない事
隠すべき事
そんな事で悩むのは良くない事」
これが刷り込まれた常識。
本音で話し合う事でいい方向に向かえる。

自己肯定感が低い事でストレスが溜まり、
肉体的にも不調が出てくる。
本人がそれに気が付いて、頭で理解したら
まず少し変わる。
でも最初は壁にぶつかることも・・・
行動して、一度で無理でもそこで諦めず
自分を失わないのが大事。

一見理想が高い、贅沢と見える
その裏に全く違う思考が隠れている。
それに気が付かないと永遠に迷子に・・・

仕事が嫌で辞めたなら、何が嫌だったのか
分析してみる。
そこから次の展開が見える。
会社勤めだけが全てではない。

恋愛、結婚で相手の行動が気になる、
相手が他の人に気持ちを向けるのが
許せない。
それは所有の概念。
ほとんどの人が、
これが普通とか当たり前と思っている
その裏にある歴史の真実。
意外なところから始まっている。

体の不調は良くない事ではない。
知らせてくれている。
いつも頑張ってくれている体に感謝。
健康は自分で作れると納得。

精神的な病気。
最近また色んな病名が付いていて
子供でも学校にいけないとすぐ
「病気」にされてしまう。
本当はそんな病気なんて存在しない。
モヤモヤしてた事がスッキリ。

相手が自分に対して攻撃的なとき。
それを許してしまっているのも自分。
なるほど一方的に被害者というのは無い。
お互いにエネルギーを奪い合っている。

お年寄りを大事にするとは・・・
何でもしてあげるのがいい事という
思い込みは多くの人が持っている。
目からうろこ・・・

憑依というのはけっこう起きるもの。
こういう時がそうなんだと読んで分かる。
本人が変わってしまったという場合
だけではなく。こういいう事もある。

お金に関するマインドブロック。
自分で何か始めたいと思っても
ここで躓く人は多い。
凄く分かる・・・

お墓を守らないといけないとか
けっこうよく聞く話。
弩もこういう事だったんだ。
分かればもっと自由になれる。

他人の引き寄せ体験ほど役に立つものはない。3000倍、引き寄せる。2 (リンダパブリッシャーズの本)






コメント

タイトルとURLをコピーしました