ミニマリストの暮らし 断捨離と部屋の作り方 物を減らす事は時間を生み出す事

自営業者の日常雑記

自宅と店舗が一緒だと、仕事の物まで家にあるわけだし
さらに物が増えそうと思われるかもしれない。

どこまで減らせるかは職種にもよるかもしれないけど、
占い師が本業の私はかなり物を少なくできた。
物を減らす事の最大のメリットは、
やりたい事をやる時間が増えたという事。

時間と物がどう関係あるのか。
その事について書いてみた。
毎日がバタバタと過ぎていくだけで、
やりたい事がなかなかできない。
時間が足りない
という人に読んで欲しい内容。
以前は私もそうだったので(^^;

1日の時間の使い方を振り返ってみる

物を減らそうというと、まず何を捨てるかから
考える人が多い。
それでいける人はそれでもいいけど、
自分にとって本当に必要な物と要らない物
判断がなかな難しいという人もいる。
私もそうだった。
なので自分のやった、ちょっと違うやり方を紹介したい。
物に注目するより先に、自分の生活と時間に注目する。

そもそも何のために物を減らすのか
ここがはっきりしていないと難しい。
そこで1日の時間の使い方をを書き出してみた。
睡眠6~6時間半
鑑定、お客様への返信、ブログ書きなど
本業の占いの仕事関連7~8時間
洗顔歯磨き入浴など1時間
掃除洗濯、家で出来る筋トレ、散歩など
(自分にとっては全部運動)1時間
料理と食事1時間
雑用が入る事もあるので少し多めに見て、
大切で外せない時間は約18時間
残り6時間あるはずなのに以前の私は
やりたい事をやる時間が無いと感じていた。

時間が増えたら何をやりたいかを確認

次に、何のためにもっと時間が欲しいのか考えてみた。
自分の好きな事や、やりたい事は何か。
もちろんさっき書いた仕事と日常の全ては「やりたい事」と
言えるけどそれ以外で。
さっき、残り6時間あるはずと確認したので
その時間に何が出来るか。

ワードプレスブログ書く(今書いているこれ。仕事用ブログとは別)
有料ブログ(このブログ)と無料ブログの違いを実験。
(※新しく集客ブログを作る人に向けて情報提供)

副業の似顔絵の仕事を再開(占いの前にやってた商売)

YouTube動画配信

Twitterでの発信
情報収集

絵を描く

Twitter趣味垢を別に作って楽しむ

ゲームをやる
本や漫画読む
映画鑑賞
外食
たまには少し遠くまで出かける

どちらにも関係ない物を捨てる

ここからが断捨離開始!!!
さっきのリストを眺めつつ
今の日常にもこれからやりたい事にも、
どちらにも関係ない物を捨てる。

基準がはっきりすると捨てやすい。

何でもかんでも捨てているわけではなくて
自分の日常の暮らしと、これからやりたい事を
書きだしてみると捨てられない物が分かる。

これは人それぞれ、かなり違うはず。
人にとっては大切な物でも自分には要らない
物もある。
逆に、人から見れば無駄でも自分には大切な
物もある。
人の意見を聞くのでなく、自分に聞く事が大事。

私の場合は「これは要らない」と決断し捨てたのは
テレビ
店舗を外に持っていた時使っていた什器その他
食器棚
ソファーベッド
多すぎる椅子
電子レンジ
余分な棚
多すぎる食器類調理器具
今は要らない雑誌、書類、年賀状など
喪服などのめったに着ない服
太っていた時に買ったサイズの合わない服

最初に出した基準(自分の価値観、ライフスタイルの
メモ)があるので迷わない。


仕事柄服装は自由というのと、
それほどこだわらない

趣味でも仕事でも机に向かう時間が長い。
自分の座る場所は最も快適にしたい。

健康のために自炊はするけど、
料理が好きというのではなく時間かけたくない。

睡眠の質は大事と思うから、
寝室には余計な物を出来るだけ置きたくない。

趣味の漫画などは大事だから捨てない。

こうやって見ていくと断捨離がサクサク進んだ。
1年使わなかった物は永遠に使わないとはよく
言われているけど、私の場合もその通りだった。

数年に一度しか着ない喪服の類は、
必要な時は借りればいい。

これをやりだしてから
必要な物と好きな物しか部屋に無いので、結果として
自分にとって無駄な事に時間を取られなくなった。


物の少ない暮らしを目指して、参考にした本がこちら
体を壊して収入が途絶えピンチの時の著者が、考えて実行した
方法とその効果が書かれている。
自分も似た経験があるのですごく共感できた。

私も、欲しい物をどんどん買って物によって満足を得ようと
思っていた時期はあった。
その時はどんどん時間が無くなっていった。
物を減らし、これくらいの物でも暮らせるとなった時
精神的にも時間的にも余裕が出来た。
このままでは全部無理と思っていた、
やりたかった事の半分以上は今やれている。





コメント

タイトルとURLをコピーしました