漫画【キングダム】58巻あらすじネタバレ名場面 思いを繋ぐ者

キングダム 信 キングダムあらすじネタバレ感想

思いを繋ぐ者

この巻の見どころは、飛信隊にとっての
信というリーダーの存在の大きさ。

信対龐煖の最後の戦いと、その決着。

鄴攻めの成功。

最後の戦い

山にこもり、一人で道を極めんとしてきた龐煖。
その完全なる個の存在と、
それとは対極の力で戦う信。

今までも何度か戦って、決着がつかずに終わっている。

どちらの力が勝るのか・・・

ついにこの巻で、戦いの決着がつく。

信の原点は、漂と二人で目指した天下の大将軍への道。

それは、漂が死んでしまってからもずっと、
信の中で変わっていない。

その後も信は、龐煖との戦いの中で命を落とした王騎将軍の

矛を受け継ぎ、麃公将軍の盾を受け継いだ。

他にも、戦死した飛信隊の仲間、
信に、お前が政の支えになれと言い残し死んだ成蟜。

敵軍の、死力を尽くして戦って倒した相手の思い。

そういった全ての者の思いを信は受け継いでいる。

その思いを繋いで、その者達と一緒に戦っている。


このブログのイラストはArtemis様の作品です。
他のキングダムキャラも沢山観れるArtemis様のイラストはこちらから。

キングダム 信

これは龐煖がには無い力で、王騎も麃公もそれに気が付いていた。

この戦いを見守っていた敵将李牧も、

龐煖が信を倒せないだろうという事を悟っていた。

道を求め人を超えた存在になろうとした龐煖。

けれど人は人以上のものにはなり得ない。

死闘の末、信の振り下ろした矛の一撃で
ついに龐煖は絶命する。

どんなに圧倒的に、人間離れ離れして強い者でも
生身の人間である事には変わりなく、それ以上の
存在にはなれない。

超能力とか特殊な力が出てくるのではなく、
あくまでも生身の人間対人間の戦い。

このあたりも、キングダムの魅力かと思う。

この後、龐煖を倒した信の体にも限界が
きていて、命が尽きてしまう。

まさかの主人公途中退場Σ(゚Д゚)
と思ったら続きがあった。

羌瘣が信の命を救う。

原作のいつもの雰囲気と違って
ちょっとファンタジーとも言えるような話の展開。

このあたりは好き嫌いがあるかもしれないけど
これによって、周りの皆にとっての信という人物の
存在の大きさ、信を支えている力が何なのか
そういうところが熱く伝わってくる。

キングダム 信
キングダム 信

鄴の陥落

戦いのこれまでの流れ

開戦から半月。
ついにこの戦いの決着がつこうとしている。

中華統一への第一歩となるこの戦い。

趙国の首都邯鄲の喉元にあたる鄴を攻める。

無謀とも思えるこの作戦は
王翦、桓騎、楊端和の三人の将軍の
連合軍で始まった。

秦国軍総大将王翦と、趙国軍総大将李牧の
知略の戦いでもあった。

昌平君の描いた最初の策では
列尾を落としてそこを拠点とし、
戦いを進める予定だった。

しかしそれを予測して
逆に罠を張っていた李牧。

そして、その事に気が付く王翦。

兵糧攻めに対して兵糧攻めで返す
王翦の奇策。

話は前後するが、

この戦の結末は、最終的にその奇策が決定打となり

鄴が陥落する。

王翦が追い出して鄴に行くように仕向けた難民で

溢れた鄴は中で争いが起き、ついに城門が内側から

開く事になる。

王翦がこの奇策を用いた後、朱海平原での

戦いが始まる。

鄴を解放できる力を持つのは下の図の二ヶ所。

楊端和の軍は撩陽での戦いを繰り広げる。

主戦場の朱海平原での戦いは

秦国、趙国の数万の軍勢が連日激しい戦いを続けた。

どちらの軍も、将軍が討たれたり、

主戦力となる人物の中で負傷者が出て戦線から離脱したり

戦力を削り合う。

この戦いは、

お互いが兵糧攻めをかけている戦いでもある事から

3日目には撩陽の戦いの場で、援軍で行っていた壁軍の

兵糧が敵軍によって焼かれるという事件も起きた。

キングダム 信と李牧

戦いの結末

最後は、このブログの最初に書いた信と龐煖の

一騎討ちになる。

この戦いの途中からが58巻。

龐煖が討たれて、逃げた李牧軍を秦国軍が追跡。

李牧軍が鄴にたどり着く前に、鄴の城門が内側から

破られ、そこで入っていった桓騎軍のゼノウ隊が

趙軍を蹴散らす。

李牧は、

今これに抗える力は自分達には残っていないと見て

この場から引いていく。

ついに鄴が陥落した。

撩陽でも朱海平原でも勝利した秦国軍。

これで完全勝利に見えるが、一つ問題が残った。

食糧が尽きて中で争いが起きた鄴には当然食糧は

残っていない。

秦国の兵の食糧も確保できないという事になる。

この問題を王翦がどう解決するのか・・・

58巻のストーリーはここで終わる。

キングダム58巻はこちら

キングダム 信

コメント

タイトルとURLをコピーしました