この騒動は人災。イメージに騙されてはいけない 異常な状況に慣れてはいけない

自営業者の日常雑記

テレビでは何を流しているのか、
YouTubeでもチェックできるので
たまに観る事がある。
情報を色んなところから取った上で
たまに観ればおかしいと分かる。

重症者が次々出て病院の中が大変なことに
なっているという海外の映像を流す。
その映像に重ねるように
日本で感染者が今日何人増えましたと数字を流す。

海外のこの状況は明日にでも
日本に起き得る事だというイメージを、
深く植え付けるように作られた放送内容。

視覚にダイレクトに入ってくる
映像の印象は最も強烈。
スタジオ内で今はどんな映像も作れるので
中にはあやしい物もある。

コロナに関する街中でのインタビューでも、
例えば100人に聞いたとして
「まだ油断出来ないし感染対策を万全にすべき」
「自粛要請をもっと厳しく」
「守らない店への罰則を強化してほしい」
という意見が1つ2つ有ればそれだけを取り上げ
まるでそれしかないように放送することは
編集でいくらでもできる。

国会中継ですら都合の悪い部分はカットして
編集するくらいだから、その程度の事は
普通にやっているはず。

世論はこうである。
というのを印象付けられると
常に皆と同じようにしなければ・・・という
信念で生きている人達は必ず従う。
日本人に多いその性質を十分分かった上で
ああいう放送を繰り返す。

検査陽性者イコール感染者とする
症状が出ていなくても感染者
(コロナ騒動以降急に。それまでは
病院へ行った人の「患者数」をカウント)
一度でも検査陽性になった人に関してはその後
何が原因で死んでもコロナ死とカウント
「感染者数」の「累計」をいつも発表する
(それまでは患者数の1年ごとの発表
コロナ騒動以降急に数え方が変わる)

ここまで頑張って増やそうとしても
日本のコロナでの死者数は
毎年のインフルエンザより大幅に少ない。

しかもコロナが出てきてからインフルエンザが、
発表される数の上では何故かほとんど消えた。
インフルエンザの検査はコロナ騒動以降
ほとんどしていないのだからそうなるはず。

完全監視管理社会が完成するまでは
「今もまだ恐ろしい伝染病が広がっている」
という雰囲気を消したくないというのが
裏にある目的なのかと思う。

その狙い通り
この騒ぎが始まった時点からずっと
テレビの情報だけを見ている人は、
今でもものすごくコロナを恐れている。

街へ出ても通勤の満員電車でも
誰も倒れてバタバタ死んでいるわけでなく
何も起きていないという
自分の目で見ている現実よりも
テレビの中で語られることの方が
自分の中での真実になっているらしい。

いつまで経ってもコロナが終息しないのは、
感染対策を守らない人がいるせいだと
本気で信じてる人もまだ多い。
これも、そういう印象を意図的に
植え付けにかかっているメディアの影響が大きい。

そういう人達と対立しても仕方ないし、
ここはもう感染対策など完全に無視しても
問題なく元気で生きている事を見てもらうしかない。

最初はどんなものか見当がつかないから怖いとしても、
もう1年位上経つからぼちぼち気づいてほしいとは
思ってしまうけど(ー ー;)

感染対策頑張ってる人ほど、
色んな体調不良出てるのは何故か?

長時間のマスクによる肌荒れ、頭痛
消毒液の使いすぎによる手荒れ
(必要な常在菌を殺してしまっている)
どちらも免疫力を弱める原因。
自粛による運動不足、鬱
恐怖を煽る情報を毎日観る事での
精神的ストレス
かかったらどうしようという不安や恐れ
これによる精神的不安定

感染したくないということは
健康に生きたいという事ではなかったのか。

「コロナ以外の病気に関しては
人にうつして迷惑をかける事がないから」
という人もいるけど、これも冷静に考えれば
風邪やインフルエンザでも重症化し亡くなる人は
今までにも普通に存在していた。

ただテレビで言わなかっただけで。

コロナにかかったら人にうつして迷惑かけるから
死ぬしかないというところまで
思い詰める人が出てきてしまうのは
恐怖を煽る報道を繰り返すメディアの責任。

コロナを正しく怖がらないのは
「後遺症に苦しんでいる人や亡くなった人に対して
軽んじている。貶めている。
自分や自分の身内だったらそんな事が言えるのか!」
というのが最も多い意見のようだけど・・・

今までの歴史の中で風邪やインフルエンザでも
全く同じような事がずっと起きていたにも関わらず
誰も気にしていなかった事を忘れているらしい。

誰もがいつか死ぬ。
自然に寿命が終わるか何かのきっかけで。

出来るなら生きている間
ただ生きている(心臓が動いている)だけでなく
健康に活動的に生きたいと思うのでは?

感染対策を頑張ってる人は、
健康に生きるためにそれを頑張っている
つもりではないのか?

それなのに頑張ってない人の方が元気なのは何故か。

それともいつの間にか、
感染対策を頑張るために生きてる状態になっていないか。

それをするのが「普通」になっていないか。

今でももうすでに
「人前でマスクを外のが裸で歩くに等しいほど恥ずかしい」
「触るもの全て消毒しないと汚い気がする」
「消毒してない物に触るのが怖い」
「マスクや消毒をしない人が許せない」
こういう人が出てきていて、支配者層にとっては狙い通り。

このまま一年二年三年続いたら、
一昨年末以降生まれてきた子供には
今の状況の方が「普通」になる。

異常な状況を「普通」と思ってはいけない。
慣れてはいけない。
慣れる事は、完全監視管理社会への入り口。

タイトルとURLをコピーしました