【新.日本列島から日本人が消える日】学校で教えられる歴史の嘘と今の世の中の嘘

読んで良かったおすすめ本

この本は上下巻で2冊に分かれている。
上巻では江戸時代までの歴史について。
宇宙の始りから、アトランティス文明、
恐竜の時代、縄文時代など
学校で習った歴史とはまるで違う話が
沢山出てくる。

学校で習った歴史に何となくでも
違和感や疑問を感じた事のある人なら、
この本を読みだして間もなく
こっちの方が真実かも・・・という
腑に落ちる感覚が来ると思う。

下巻では
江戸時代に関しての
今の世の中で知られている間違った
歴史認識について、
明治維新、その後の日本について。

今の日本が何故?いつから?
今のような状況になっていったのか。
また世界を観ても何故
今のような状況になっているのか。
その根本のところが語られている。

歴史を観ていけばその真実にたどり着く。


学校で習う歴史に対して、
違和感を持ったことがある。
疑問を持った事がある。
面白くなかった。
興味が持てなかった。

このどれか、または全部
という人ならこの本はきっと夢中で
読めると思う。

学校の授業その他で
今までこうだと言われてきた歴史の
どの部分に違和感や疑問があったとしても
ほとんどの答えがこの本の中にある。

私もそうだったけど、
多くの人が疑問に思って引っかかっている部分は
ある程度共通しているのでは?と思う。

私は、縄文時代について
明智光秀の謀反について
明治維新について
第二次世界大戦についてなど
違和感や疑問が多かったけれど
この本を読んで全て納得した。

ピラミッド型になっている今の世の中について
以前から疑問に思ってある程度調べていた人なら、
この本を読んで「やっぱり・・・」と思うところも
多いかと思う。

何となくそんな感じはしてたけど
どうもはっきりしなかったという部分が、
色々と腑に落ちたという感想を持つかも。
私もそんな感じで読み進んでいった。

そういう風には考えていなかったという人だと
真実は怖いし暗いと思うかもしれない。
でも、そうだという事を知った上で
そこからそっと離れることが出来るという事も
この本の中には書かれている。

新・日本列島から日本人が消える日(上巻)

新・日本列島から日本人が消える日(下巻)




コメント

タイトルとURLをコピーしました