最終的に頼れるのは自分の感覚

自営業者の日常雑記

どんな事でも基本は同じだと思うけど・・・
「絶対確かな情報」など、実際どこにも無い。

どれだけ社会的地位のある人の発言であろうと、
著名な人物が書いた論文であろうと。

そういう物を出来る限りの時間を使って
出来る限り多く読んだり聞いたとしても
「絶対的な真実」にたどりつけるかというと
そんな事はないと思う。

例えば一つの物事に対してAという意見があり、
それと真逆のBという意見がある。
どちらの意見の側も、
これだけ多くの専門家が語っている、
これだけ多くの資料がある、
論文があると言う。

自分が正しいと信じる方が正義で、
反対側は悪であると。
悪の方は儲け主義でやっていると主張し、
誰がどこからいくらもらっているか
というのを出してくる。

どんな論文でも、
一番最初の前提は仮定から始まる。
「これがこうだとしたら」
というところから始まって、
その前提で先の話しが続いていく。

根本からそれが真実なのかどうか、
絶対的な証拠を誰もが分かるように
目に見える形で出して見せられるかというと
それが出来る人は居ない。
もしそれが出来るなら、意見が割れることもない。

真逆の意見の人同士が、
こっちこそが正しいと言い争うのに加えて、
同じAの意見の人の中でも細かい違いが
たくさん出てくる。

この部分については誰々の言っている事は間違いで、
誰々の言っている事の方が正しいとか、
またそこでも、どっちが正義だとか悪だとか。
誰々は本物だとか偽物だとか光側とか闇側とか。
不毛な争いは続いていく。

以前からそういうのはあったけど、
コロナ騒動以降一気にそれが表面化して争いが増えた。

結局のところ、
自分にとって腑に落ちるものを真実と考えれば
それでいいのではないかと思う。
いちいち周りの人に自分の正しさを
証明して見せようとしなくても、
意見の違う人と戦わなくても、
自分の感覚を信じて生きていれば平和に暮らせる。

最初意見が同じだと思っていたのに、
ある部分に関して違ってきたら激怒して
「裏切られた」と言う人もいるけど
全く同じ意見じゃなかったからといって
それで何か不都合でもあるのだろうか。
「あなたはこう思うのですね。私はこう思います。
その事に関しては違いますね」
これでいいのでは?

誰が正しいか、誰についていくかで考えると
「裏切られた」という思考にもなる。
どの情報を取り入れたとしても、
自分の感覚で腑に落ちたから、自分が選んだ、
自分がこう思うという思考からブレなければ、
その結果がどうであっても後悔なく
受け止められると思う。

そして情報よりももっと大事なのが自分の感覚。
今のような生活をしている人間は
かなり鈍っているかもしれないけど、
野生のカンと言ってもいいかも。

自分が今毎日を生きていて肌感覚として感じる事、
身の回りで起きている事を自分の目で見て感じる事。
どんな情報よりもそれを頼りにすればいいと思う。

人間は、今のように情報がなかった時代にも
問題なくそれで生きていたし、
野生動物は今でもそれで生きている。

外から与えられる情報に振り回されて
「何が正しいか」「誰が正しいか」を探して
右往左往するなら、むしろ情報など見ない方が
マシなのではないかと思う。

まず自分の感覚で判断して、
その中でふと目についた情報があればそれを見て、
腑に落ちるなら取り入れ、
違うと思ったら手放す。
他の人がどうでも関係ない。
これでいいのではないかと思う。

例えば今のコロナ騒動の事、
ワクチン接種のことで言えば、
Aの意見の人は
「コロナは恐ろしい。ワクチン反対派は
コロナにかかって死んでいく馬鹿で可哀想な奴ら」
と言っているし、
反対意見の人はその逆の事を言っている。

どっちにしても、
自分の感覚を信じて自分が選んだと思えば
結果がどうでも受け入れられると思う。

私はコロナが怖いと思っていないし
ワクチンを打つ気もない。
それが自分の感覚に従って選んだ答えだから、
もし仮に新型コロナとかその変異株とかいうものが
存在したとして、それで死んでも後悔はない。

コロナが怖いと思っていて
ワクチンが救世主だと思っている人も、
自分の感覚でその答えを選んで、
もしそれで望まない結果になったとしても
自分で選んだなら後悔は無いはず。

誰々から言われたからとかTVで言っていたからではなく、
自分の感覚に従って自分で決めた人は、
結果どうなっても他人のせいにはしないと思う。
誰かを信じて決めたとしても、
その人を信じると決めたのも自分。

外からの情報ばかり搔き集めるのでなく、
自分の感覚を信じて生きている中で、
「何となくこうした方が良さそう」
「何となくこうじゃないかな」
という感じでやって来る閃きこそが
自分にとって一番大切なお知らせ。

コメント

  1. 6 より:

    この記事の中で言っている事に関しては細かい違いすら感じられないくらいすごく共感しました。

    • satsuki satsuki より:

      読んでいただきありがとうございます。
      コメントありがとうございます。
      証拠だけを求めても答えが無い時は多いですね。

  2. tonko より:

    暑中お見舞い申し上げます。野生動物のようなカンは大事ですよね。
    二極化のお話ですが、喧嘩や対立の段階にある人と、その段階を通り過ぎた人がいるかも。
    わたしはいま周りにコロナ脳の人はほとんど居ません。そういう人は自然に離れていきました。

    コロナが怖いワクチン絶対の方々はつまり死ぬのが怖いんだと思いますが、人間は誰でもいつか
    死にますよね。いつ災害に巻き込まれるか… それよりどんな死に方をしたいか、が肝なのでは
    と思います。わたしは変な注射で苦しんで死ぬのはいやだし、社会生活が困難な程の副作用で、
    一生苦しんで、家族に介護や経済的な負担かけるのもいやです(日本も重篤者が急増してます)
    いままで死についてキチンと考えてこなかった人が多い結果、この異常事態が起きてるというか..

    • satsuki satsuki より:

      暑中お見舞い申し上げます。
      読んでいただきありがとうございます。

      その通りですよね。
      コロナでさえ死ななかったら永遠に生きられるわけでもないですしね。

      考えの違う人は自然に離れていき、気が付いたら合う人が周りにいる。
      私も今はそんな感じですね。

タイトルとURLをコピーしました