「当たり前」「常識」「普通」を疑ってみる

自営業者の日常雑記

多数決が平等なんて冗談じゃない。
49%対51%でも 、
1人でも多い方が正しいという事に。
それが多数決。
しかもそれ位の差は、
いくらでも操作できる

これのどこが平等?

よくニュースでやっている、
「アンケート」「世論調査」
結果こっちの意見の人が何%で多数です。
国民全体の意見として
こちらの考えの方が多い
のですね。
とかいうやつ。

何処でどういう人選で何人対象に
調べたんだよと思う。

テレビだけをを見てると
これを普通に信じられるのか
「こういう意見の方が何%で多いんだよ」
と確信に満ちた顔で言ってくる人いるけど。

本当に多いのか疑問だし、
仮に本当に多かったとしても
多い方に必ず合わせるべきである
という所にも疑問。

私は半世紀以上生きてるけど、
その手のアンケート1回も来たことない。
何処でやってるんだか知らんけど。

学校に行けば始まる、
いくつかあるこの中から正しい答えを選べ
という問題。
その思考が習慣になると、
大人になってからも常に
「この中から選べ」
と言われて何の違和感も持たなくなる


その中のものは全部嫌いだとか、
違う答えを自分で作るとか、
本当はそういうのもありなのに。

そういう事を言うと学校では
協調性がない」と言われて
問題視されるだけ。

かなりのストレスを抱えていても
我慢できないほどでもないから」
もっと辛い人もきっといるから」
という理由で耐えている人が多い。

我慢できないほど」になるまで
ここまで辛い人は他に居ないだろう
と思えるレベルまで、
耐えないといけない理由は無いよ。

特別な才能のある一部の人しか
好きな事をして生きるなど無理というのが
あたかも常識のように言われてるけど、
いつからそうなった?
元々人間も他の生き物達も、
特別な事なんかしなくても
日々の日常を無事に生きてきた。
ほとんどの人が
嫌な事を我慢しないと生きられない?
そんなのが普通? この方がおかしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました