実写映画『キングダム』と原作漫画キングダム1~5巻の比較 あらすじネタバレあり感想 

キングダム信と漂 実写映画キングダム感想

 

実写映画キングダム 原作漫画1~5巻との比較

始まりの場面の違いと感想

原作のストーリーは、
主人公の信が里典のところで下僕として
働いている場面から始まる。

幼い頃からそこで一緒に働いている漂と二人で、
過酷な労働の合間をぬって剣の鍛錬に励んでいる。

そんなある日、
二人が鍛錬しているところにやってきた
王宮に仕える大臣昌文君からの話で
漂だけが王宮に行くことになる。

初めて離れ離れになる信と漂。
その一ヶ月後、王宮内で大王の弟が反乱を起こし、
漂は命を落としてしまう。

ここまでの中で映画オリジナルの場面は・・・
天下の大将軍にあこがれる信というのを伝える演出として、
軍隊を率いる王騎将軍の姿がしょっぱなから出てくる。
これがとても
迫力のある場面で最初から惹きつけられた。

キングダム 信と漂

このブログの中のイラストは全てArtemis様の作品です。
Artemis様の他の作品、キングダムキャラが沢山見れるのはこちらです。

原作でも映画でも悲しく印象的な漂との別れ

朱凶との戦いに敗れ、致命傷を負った漂は、
最後の力を振り絞って信に会いに来る。
そして、ある場所を示した地図を渡す。
「お前が羽ばたけば俺もそこにいる。
俺を天下に連れて行ってくれ」
そう言い残して漂は息絶える。
原作では、信と漂が下僕として暮らしていた
里典の家の息子が出てくるが、映画で登場
するのは里典のみ。

この場面は映画でも原作でも泣ける。
この時の回想シーンが映画原作とも
重要な場面で時々出てきて、
漂の存在の大きさが伝わってくる。

この後、地図をたどっていった信は、
漂にそっくりな外見の秦国王政と出会う。
漂が死んだのは大王の替え玉としてだったのを知り
激しい怒りをぶつける信。
それでも、漂と二人で目指していた夢のために、
王都奪還の戦いに協力することを決意する。

 

信によるアクションシーンが見せ場の戦いの場面

信が、地図に示されていた黒卑村へ向かうところ、
途中で遭遇する野盗の集団を難なく撃退するところ、
のちに重要な登場人物になる河了貂と出会うところは、
ほぼ忠実に原作通り。

この後、大王が替え玉だったことが分かって、
刺客が追ってくる。
朱凶との戦いが、
信にとっての初めての真剣での切り合いになる。
野盗の時と違って相手もかなり強い。

この原作場面、原作では信だけが戦う場面で、
政は最後のところ以外一切剣を抜かないが、
映画では朱凶と政が剣を交える場面が少しある
その他はほぼ原作通り。
信の並外れたジャンプ力がここで見られる。
漂が言っていたことを思い出す政。

朱凶を倒した後、次なる刺客が現れる。
毒矢を使うベッサ族の刺客ムタ。
信の二度目の戦いになるこの戦いのシーンも
見どころの一つ。
戦いの場所が、
原作では昌文君との合流地点の山の民の避暑地
だったのに対して、映画では
そこに向かうまでの途中の道で刺客が現れる。

ムタとの戦いで、信はさらに強くなる。
最初はムタの殺気に押されていた信の動きが、
戦いを見ていた政の一声で変わる。

戦いの場所が違うだけで、
この場面の迫力は原作通り。
映画でも大きな見せ場になっている。

 

原作でも映画でも中心となっている信と政の友情

原作では、
山の民の避暑地へ向かう途中倒れた信を
政がおぶって運ぶ。
映画では、ムタの毒矢にあったた信を政が運ぶ。
最初の出会いでは
「難を避けるためのただの剣だ。
折れたら捨てていく」と言っていたのに。

信と政の間に、
身分の違いを超えた友情が芽生えていくところも
このストーリー
の中心になっている。

王宮内の権力の状況、王都奪還の戦いが、
このままでは不可能と思えるほど不利であることが、
ここまでのストーリーからわかる。
大王側は、忠実な側近の昌文君と副官の壁、
その配下の兵士達数十人しかいない。
王弟側には八万の軍勢がいる。

このままで戦いに行っても殺されに行くようなもの。
そこで、少ない望みをかけて山の王に会いに行く
というところから物語後半が始まる。

 

クライマックスとなる王都奪還への展開

キングダム信と漂

映画の後半は、
援軍を得るために山の王に会いに行き、
力を貸してくれと頼むところ。

その後の王都奪還の戦い。
大きく分けてこの二つの場面が中心。

山の民の避暑地が美しく守られていたのは
四百年前の秦国王と山の民の間に
交流があったためだが、その王穆公の死後、
秦国のひどい裏切りによって国交は途絶えていた。
今はむしろ恨まれているかもしれない.。

その危険を承知で、
でも他に頼るところはなかった。
映画では山道を行く途中で山の民が現れ、
全員が捕えられる。
原作では、
先に一人だけで話し合いに行った政を追って、
信、壁、貂が行くのだが三人は捕えられる

その後の展開は原作も映画も共通。
援軍を頼むどころか
悪い予想が当たって恨まれていて、
殺されそうな状況からどうやって
山の王を説得するかというところ。

この場面の政の堂々とした態度、
自分の目指すところの中華統一を語り、
相手を説得する力は、この映画の見どころでもある。
政とはまた違う感じで、
情熱的に発せられる信の一言も山の民の戦士達の心に響く。

主人公の信と、もう一人の主人公と言われている政が、
援軍を得ることを二人で成し遂げたと言える場面。

キングダム 信と漂

映画と原作のキャラの比較

山崎賢人さんの演じる信は
原作の信そのものだった。
もう一人の主人公秦王嬴政を演じる
吉沢亮さんの演技も素晴らしかった。
漂の役と一人二役だと、
最初観た時は気がつかなかった程別人。
明るく朗らかな漂と
子供ながらすでに十分に大王の風格のある嬴政。

河了貂の橋本環奈さんは本当に
少年のように見えて愛敬があり、
山の王楊端和の長澤まさみさんは
美しいのはもちろんアクションシーンは
迫力があって楊端和の強さが伝わってくる。
最初、原作を知らないで映画を観たので、
楊端和が女性だったというのも予想外だった。

原作では、
信達と山の民の戦士バジオウ、タジフとの
会話のやり取りなどももっと細かく出てくるので、
最初に原作を知っていればそこはもっと楽しめたかと思う

キングダム楊端和

大王派が王都奪還に成功するまで

楊端和を説得する事に成功し、
すぐに動ける山の民の軍約三千の
協力を得る事が出来たが、
昌文君の軍は数十人。
数の上では八万の軍に対抗するには無理がある。

そこで全員が山の民に扮して、
同盟を結びに来たという体で味方と思わせ、
王宮内まで無傷で入るという策を嬴政がたてた。
このあたりは原作通り。

ここからが、最も盛り上がるシーンとなる。
策が成功し、王宮内に入ったところで攻撃を開始する。
軍の駐屯所は少し離れているので、
その軍が押し寄せる前に敵の総大将を討つという作戦。
中に入れたのは五十人 だけだった。

嬴政と昌文君、楊端和と山の民の戦士達四十人は
おとりとなって正面から進み、
信、壁、貂、バジオウ、タジフ他山の民の戦士十人は
別働隊として秘密の抜け道を通って本陣をたたく。

映画で観るここの戦いの様子は、
細かい部分で色々原作と違いはあるけど、
策の内容も、五十人のメンバーも別働隊十人のメンバーも
原作通りで、戦いの迫力は存分に伝わってくる。
原作を先に知っていたとしても十分楽しめたと思う。

この戦いの前に「本格的な斬り合いになるぞ」
と信に告げる嬴政。
原作では、嬴政が剣を抜いて戦いの場に入るのは、
この時が初めて。

大王でありながら、
安全なところでじっとしているのではなく
乱戦の中に自ら入っていく。

実写映画キングダム

駐屯所からどんどん兵を送り込んでくる
王弟側に対し、四十人しかいない大王側は
疲労困憊している。
それでも別働隊が必ず本陣をたたく事を信じて
戦い続ける。

最初から登場するが、
敵か味方かわからない謎の人物だった王騎将軍が、
実は味方だった事が映画の最後でわかる。
これも原作と同じ流れ。
王都奪還の戦いの場に突然現れた王騎将軍と
嬴政の問答の場面も見どころ。

アクションシーンとしては、
王騎将軍が矛を振るシーンが大迫力。
原作では馬上の魏興を地上から矛を振って
斬り捨てる場面がある。

どちらにしても凄い。
映画では、大沢たかおさんの演じる王騎将軍が、
ビジュアル的にも矛を使うシーンの迫力も
原作通りで素敵だった。

実写映画の方で信が、バジオウ、タジフらと協力して
強敵ランカイを倒すシーンも迫力あり。
この場面に関してはバジオウの強さと戦いぶり、
過去の話は原作の方が読み応えがある。

左慈との戦いは、
この映画の中にいくつか出てきて
それぞれに素晴らしい信の戦いの中でも
一番見応えあり。

実写映画キングダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました