ビジネス書として読むキングダム9巻 リーダーの資質 原作あらすじネタバレ感想

キングダム 信と政 漫画キングダム考察

ビジネス書キングダム

リーダーの資質

敵として現れた、同じ伍で戦った仲間

初陣で大活躍し、村に戻った信。
またしても嬴政を狙う刺客がいるらしいというので
呼び出されて咸陽宮へ向かう。

朱凶の刺客集団と一緒にそこに現れたのは、
魏国との戦いで同じ伍の仲間だった瘣。

大王嬴政を守る立場の信は、
戦場では共に命をかけて戦った仲間である瘣と
敵として相対する事になる。

この事が起きる前、
羌瘣
はわざわざ信に会いに来て
「王宮には近づくな」と警告している。
本当は信と戦いたくなかった事が、この事からわかる。

信を殺せない羌瘣

この時点では、羌瘣の剣の腕は信より数段上。
本気で信を殺す気なら一瞬で決着がついているはず。

それでも羌瘣は信を殺せない。

自分の生きる目的の仇討ちのために、
朱凶と取引して大王暗殺を手伝う気に
なったのだったが、わざわざ忠告に行ったくらい、
元々信とは敵対したくなかったのだ。

戦いの途中で、もう一組の刺客集団の号馬が現れ、
結果的に一時休戦で協力して戦うことになる。

この戦いで呼吸が尽きてしまう羌瘣。
後から助けに来た昌文君の軍によって
信達は全員救われるが、
刺客としてやってきた羌瘣は
呼吸が尽きて倒れているところを捕らえられる。

信を殺せなかったために、
こうなってしまったと言えなくもない。
今度はその羌瘣を信が助ける。
軍に引き渡せと言われても聞き入れない信。

なぜそいつを庇うのだと聞かれて
「同じ伍で戦った戦友だから」と答える

キングダム 羌瘣

信にとっての仲間というもの

信が、刺客として現れた羌瘣に
「なぜ大王を守るのか」と聞かれる場面もあった。

戦場で武功を挙げようとする者が、
何の権力もない若王を護ったところで、
どんな得があるのかという問いだった。

「忠義か?」という問いに対しては
笑って否定する。
信にはその感覚はなかった。

信は
共に血と汗を飛び散らせ戦った戦友だからだ」
と答える。

同じ伍の仲間だった羌瘣の事も、
王都奪還の時共に戦った政のことも、
信は「戦友」だと考え、護ろうとしている。

キングダム主人公 信

リーダーの資質

この時点での信は、目覚ましい活躍をしたものの
まだ初陣を終えたばかりで経験も少なく、
人生経験も少ない十三歳くらいの少年。

幼い頃から下僕として生きてきているので、
勉強をする機会さえない環境だった。

それでもここから先、百人将、千人将、三千人将・・・
と出世していく。生まれ持った並外れた運動神経、
漂と二人で鍛錬を続けてきた戦闘能力の高さはあったが、
強いというだけでなく人間的にも皆から慕われる
リーダーになっていく。

信が政を護る理由を「戦友だから」
と言ったのに対して羌瘣は「理解できない」と返す。

しかし信は、
共に戦場で戦った時羌瘣が仲間を守った事を覚えていた。
羌瘣の中にも、本人が気がついていなくても
「仲間」という意識があった。
信は、相手のそういうところを本人以上に見ている。

王都奪還の戦いの時に、
反乱を起こした王弟に対して
「お前は誰からも本気で護られる事がない。
いつも一人だ」と見破った。

嬴政も信と一緒にいる時は気を許していて、
宮女の向が(大王様、楽しそうだ)
と気がつくほど表情が違う。

信が大王に対して、
呼び捨てにする「お前」呼ばわりする、
タメ口をきくと、無礼極まりない態度
なのにも関わらず、嬴政は信のことを
相当に気に入っているらしい。

嬴政にしても、
信のことを殺せなかった羌瘣にしても、
信が隊長になって以降共に戦う
飛信隊の隊員達にしても・・
皆、信の人柄に惹かれていく。

今の現実社会の中でも、
信がそうであるように皆に慕われるリーダー、
尊敬されるリーダーには共通点がある。

本人以上によくその人を見ている。

仲間を大切にする。

信念を持っている。

キングダム9巻はこちらから買えます(電子書籍)

紙媒体の9巻はこちらです。

ビジネス書としてのキングダムの魅力をまとめた記事はこちらです。

キングダム10巻について書いた記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました